たまて箱ではスピリチュアル関連の情報をアップしていきます。

『ハリーポッターと賢者の石』

​ハリーポッターと賢者の石はアセンションの物語 もともと賢者の石とは肉体の錬成を象徴し人間が神へ至る変容のプロセスを表しています。映画ではハリー達は外の世界に賢者の石を探そうとしますが学校内に石があることに気づきます。第一のサインは宝は内側にありホグワーツ魔法学校自体が人間の身体を象徴しています。そして最初の試練が頭が3つある獣との対峙です。これは人間の三脳を象徴し人間脳(思考)動物脳(欲求)爬虫類脳(本能)を象徴しています。この獣を眠らせるために映画ではハープを使いますが、ハープはアルファ波を象徴しています。次に木の根っこに三人が捕まり身動きが取れなくなります。これはアセンションプロセスにおける筋肉の反応を木の根で象徴したものでありリラックスと太陽光線がヒントととして描写されています。次に沢山の鍵が飛ぶシーンではハリーが鍵を見つけますが、マインドを止め全体を見ることで探し当てます。この技法を西洋では精霊のサインといいます。そして最後にチェスをしますがチェスは右脳開発と関係があります。そして最後に大切なことは全話で共通のサインとして三人で取り組むこと、これは三位一体を象徴しています。他にも沢山のサインが隠されていますので一度見た方もサイン探しをしながら見てみてくださいね。

誰もが知るジブリアニメの傑作『ハウルの動く城』大人気のアニメですが、やはり多くの方が見る映画は集合意識の反映かもしれませんね。まず不思議な城の正体は、私達の身体や心臓の象徴として見ることが出来ます。生きるために本当に必要なのかと思うほどの物を抱え込み彷徨う城は現代人の象徴とも言えます。そして城のドコデモドアは心臓の力である多次元の力を象徴しています。城を動かすカルシファーは三次元の神(エゴ神)の象徴とも、三次元の力である火の象徴であるクンダリーニともとれます。そしてハウルとソフィーはツインソウルを現しています。またソフィーが城に入るシーンでは身体へのグラウディングやクンダリーニの覚醒を表す尾てい骨が出てきます。先ずクンダリーニの覚醒条件である現実から離れ尾てい骨に意識がグラウディングする必要性があります。ソフィーがハウルの城に入る階段は人間の尾てい骨にそっくりの形です。人間の意識が尾てい骨に入ると現実世界より身体内部を感じ感覚的に生き始めます。そして自分の宿命が始まります。そしてソフィーが最初にすることは、掃除、掃除、掃除、そして断捨離、断捨離、断捨離です。そして最後には城自体も断捨。物語ではハウルとソフィーは過去のトラウトと対峙していきます。ソフィーは母とのトラウマ、ハウルは先生と幼少期のトラウマを癒やし恐れを手放していきます。まさに感情の断捨離、そして最後にカルシファーの象徴である三次元の命の手放しを通じて本物の愛や形なき心の大切さへと導かれています。またまだ沢山ありますが宮崎監督のインスピレーションにはビックリさせられます。見るだけでも意識が変わりますので、もう一度、見てみてみてくださいね。

​『ハウルの動く城』